は、この真面目な家族が主に彼の子供たちの考えを理解するために彼を使ったと思った。南京桑拿按摩

「アーリーシーズンのソースはとても良い、商務だ。彼女は多くのことを扱っています。最近忙しいのかもしれません。彼女はまだあなたを見つけると思います。」

安田はまた、西野一樹がこれらのいくつかに答えることを知っていましたが、今日の彼の目的はこれではありません。種類。

「一樹くん、私はここで質問があります。」安田の顔が急に深刻になった、と彼の音がタイトだった。「父があなたを尋ねたように、私はあなたが真剣にそれに答えることができると思います。」

西野一樹がまっすぐに立っていました「ゆすがさん、言ってください」「そうきのこと南京夜生活spa论坛

は本当に考えてないの?」安田は西野と修行が推測した考えを聞いた。

西野一樹は黙っていたが、もちろん安城は知っていた。時々私は自分の考えをいくつか示しましたが、それが鍋のフラッシュであるたびに、彼はただこの推測を心に留めました。

「初期のジはもう若くないので、私は前にあなたの考えを尋ねましたが、あなたは拒否しました。 「安田忠弘の口調は抑え

きれなかった」「これが最後に聞いた」

「じゃあ、そうきにどう思う?」「いや、私は彼女のお父さん。これがわからないなら。なんてお父さんだ!」安田南京夜网论坛は椅子に腰を下ろし、再び言った。「彼女はあなたが事務所を設立してからあなたのそばにいて、あなたのことを心配していると見なすことができます。あなたがそのような考えを持っていないのなら、なぜわざわざするのですか?」

「西野一樹は確かにそうだと認めたが、安田正は直接指摘した。「安田さんはどう思う?」

「私の考えは?もちろん、早く二人で結婚させて。業界によっては結婚もできる。慣れればもちろん、自社の運営も継続してくれるので、誰かを派遣してお手伝いさせていただきます」と安田氏は語り、「本当にこの考えがなければ無理矢理はしない」

南京桑拿网

「ただ」安田氏は一時停止した。 「さおきはもうあなたと一緒にいません。彼女にも自分の行き方があります。世界中に男性がたくさんいて、島津家の2つの部屋も最近結婚に興味を持っています。」

西野一樹は安田のヒントを理解しました。 、今回は相手に積極的に答えさせようと決心しているのですが、西野一樹自身の人間関係の問題はまだ混乱していて、今このことに遭遇し

、本当に混乱しています。「おっしゃったことは理解できます。これだけです。佐伯ち

Related Post