イクのインタビューの要求、そしてそれは拒否されました。

彼の顔は重く、静かな通りに戻って

見ました、彼は見ました彼は唇をす南京桑拿论坛ぼめ、

「続けましょう。

シルバーシティでは、聴覚と視南京夜生活spa论坛覚の幻覚を持っていたデリック?バーグが、詳細な検査の後に丸い塔の底に連れて行かれました。-

ここには、コントロールを失った兆候のある住民が住んでいます。いろいろな方法で救おうとした

が、暗い通路を歩??いていると、いきなり少し不可解な寒さを感じた。

助けて!

密室で

突然悲鳴が上がった。

救助の音が突然止まり、周囲は静かだった。 。

142章この奇妙さの部外者は静かで、回復したリックバーグフラッシュを着用する最初のアイデアは命を救うことです。

しかし、彼は2人の警備員の真ん中に捕まりました。しかし、反応はありませんでした。今のところすべてが彼の聴覚の幻覚であるように見えました。

南京楼凤论坛

誰かが助けを求めて叫んでいました。若いデリックは2人の夜明けの騎士を南京桑拿会所网思い出させました。

彼の左を歩くと、銀色の全身鎧を着た背の高い騎士が落ち着いて反応しました。道路:

だまされてはいけない。

それはコントロールを失う危機に瀕しているいくつかのtranscendentsの普通のパフォーマンスだ。

それは?たぶん彼はちょうどあきらめたいと制御のうち怪物になった、彼が助けを叫んだので、デリックは少し悲しそう思っていなかったではありません。

自分の感情に耳に響く幻想的なブーンという音が明らかになり

、静かに数歩歩きました。ちょうど今、夜明けの騎士が左側の部屋のドアを指差して言った:

あなたは今回ここに住んでいます、私たちは食べ物や薬が時間通りに配達され

、話している間、彼は小さな鉄黒のボトルを取り出しました。

このボトルは、シルバーシティの南京桑拿夜网主食である黒い顔の草から残ったわらのようなものから織られています。液体に遭遇すると、フィルムが生成されます。 、防水シールの効果を

出すために。デリックは薬の瓶を持って飲んだが、食道を通り抜けて胃袋に入るのを感じただけだった。

彼の人はすぐに静かになり、目の前の揺れる光景は安定した。聴覚の幻覚は徐々に弱まりました。

バン!

鉄の扉が閉まり、鍵がかかる音の中で、デリックは自分の部屋に入りました。

最初に見たのは、薄暗い光で揺れるろうそくで、それから彼はドワーフをはっきりと認識しました。ベッド、椅子、四角いテーブル

それ以外は何もありませんが、ドアを

Related Post