した。

早急にここで対応し、一時的に目覚めたメッセンジャー坂田金時。

ユウヤは余波にどう対処するかを考えている。昔、メイドは新しい主人に、黒人の使者の休暇を直接終わらせる権利があるので、休暇中の黒人の魂を帰らせるべきかどうか尋ねた。

もちろん、終了後も、ブラックソウルメッセンジャーが元々ホリデーを購入していたメリットは、ビリーによれば引き続き返還されます。

マスターはノーと言いました、黒い魂のメッセンジャーの休暇を終わらせて、それから自動的に戻ります。

ユウヤは自分で考えていたとき、何かに気づいたようで、頭を少し傾けて、火に飲み込まれていた遠くない建物の厚い影を見ました。

ここの猛烈な火は、まるで風が吹いているかのように突然弱まったように見え、その後、いつものように再開しました。

侍女は「ヤン呉越に逃げ込んだ邪悪な二人はここで楽しい時間を過ごしているようだ」と微笑んだ。それを

言った後、ユウヤはそれを無視し、何が起こっているのかを見守った。**創造の子。

「まあ、それはもっといいだろう。」メイドは突然微笑んだ江苏桑拿论坛。

彼女が完璧主義者であることは間違いありません。

同時に、突然巨大な金色の斧が空中に現れ、坂田進士

が持っていたものでした!しかし、明らかに百倍以上に拡大し、雷と火で全身が凝縮しました。

瀧沢家の古城に向かって真っ直ぐ落ちた!

目の前で、焚き火、瀧沢家の土台が一度破壊されたようで、瀧沢ローラは眉をひそめ、隣の家政婦瀧澤秀夫の表情は必ずしも良くない。

家政婦はこの時急いで「ローラさん、 『

災害』レベルのイベントがあったので、大人全員を起こさなくてはいけないのではないかと思います」と慌てて言った。滝沢秀夫の口の中の大人は当然年上だ。滝沢ローラの南京桑拿网世代真の主力、特別な方法で吸血鬼に変身した最初の祖先の柱でさえ!

人生の変容を完了するために、この祖先は滝沢家の古代の城の下で眠っていました、そして一瞬一瞬、滝沢一家がこの祖先に大量の血を

届ける!古城には、この祖先のために特別に建てられた血液供給室があり、毎日

、祖先のいる場所に血を送り続けています。眠っている!今、祖先が眠っている場所の蓄積血は長い間、血のプールのように純粋な液体エネルギーになっています。

執事の竜沢秀夫の言葉を聞いて、滝沢ローラは躊躇しているように親指の爪を強く噛んだが、この瞬間、突然巨大な雷と火の斧が空に現れた!

「くそっ!!」それを

Related Post