伸べた。彼女の甘い赤い顔を持って彼女を見つめた。「正直言って、私の祖父を拒絶しませんか?あなたがおじいちゃんであっても、あなたが望まないなら、あなたはそれを強制しないことを知っておくべきです。 。「?のためにそれをどのよう南京夜网论坛なものです

それらのほとんどは不謹慎な手段によって外部の作業を行っている、我々は訓練され、私たちは若い頃から研究されているガン香港は冷静に言った。」私のような多くの女の子、と体ができるのと同じツールです。私たちが使っていました。インさん、彼らと比べて、私はもうラッキーだと思いませんか。」

ソン?インも、ガン?ホンも瞬きしませんでした。

しばらくして、ソン?インはため息をつき、手を離した。「それを忘れて、それが理由だけなら、おめでとう、あなたの目標は達成された。」

「うん。」ガン?ホンは軽く答えた。

「手を伸ばして」ソン?インは突然言った。

ガンホンは少し戸惑いましたが、ガンホンはまだ手を伸ばしていました。ソン?インの手がガン?ホンの手のひらに突然叩かれているのを見たが、これは殴打ではなく、ガン?ホンは彼女の手に何かを感じた。

「これをさりげなく手放さないでください。」ソン?インはこの瞬間に立ち上がり、ガン?ホンに背を向け、トレーニングのためにコーチングの鋼管に向かって歩いた。「それは男が言ったことだ。」

ガン?ホンは見下ろした。見てください。手のひらにあるもの:シルバーブレスレット。

彼女南京桑拿论坛は突然微笑んだ。

「まだ何を待っているの?」この時、宋英は大声で「早く回復したいって言ってなかったの?じゃあ怠けないで。時間がない。ほとんどの場合、私は1、2時間あなたと一緒にいることができます、あなたはただ満足しています!」

おそらくそれは一種の運です。

ミスインとマスター丘に会うことができます。

ガンホンは立ち上がれず、トレーニング機器に向かってゆっくりと歩きました。ゆっくりと歩きましたが、ソンインは助けに来ず、笑顔で見ました。

彼らは皆とても優しい人たちです。

その後、ガンホンはソンインとルオキウを南京桑拿夜网送りに行きました。

しかし、ソン?エルは村にとどまることがまだいくつかあり、明日まで急いで戻ることができないため、今回は彼に同行しませんでした。

「戻って、幸いなことに一日、よく洗ってください。」ソン?インはガン?ホンに手を振った後、すぐにヘリコプターのキャビンに入った。

羅長春が続いたが、この瞬間、ガンホンは突然

Related Post