羅秋は立ち止まり、好奇心旺盛な目でお互いを見つめました。

チャオアンはすぐに言った:「あなたが私を救っただけで、私はあなたにきちんと感謝しませんでした。それは少し失礼です。」

「俳優、それはどんな人生ですか?」羅秋は突然尋ねました。

チャオアンは相手の質問に驚いて、しばらくすると、「これは決して良い仕事ではなかった。好きな人もいれば、すでにうんざりしているけれど、それでも主張している人もいる。実際、私はみんなただしぶしぶ主張しただけです。正直なところ、数十年後にあなたのことを誰が思い浮かべることができますか?」

「そうです。」羅秋はうなずき続けました。「行こう、時間がない。」

羅秋は方向を指した。突然、これはラジオで言及された場所の場所ではありません。チャオ?アンは眉をひそめ、無意識のうちに「時間がなくなったとはどういう意味ですか」

「残り時間」と尋ねた南京桑拿网。羅秋はしばらく考えて「残り時間が少ないからなのか?」と言った。少なくとも私はそれをこのように理解しています。現時点では。」

「私は…あなたが何を話しているのかよくわかりません。」QiaoAnはLuoQiuを見て、この若い男はとても奇妙だといつも感じていました。この瞬間、彼女はそれを脇に置いた。警戒心が高まった。

「誰もがユニークだと思いますか?」羅秋は突然尋ねた。

チャオアンはそれをぼんやりと見た。

「少なくとも同じ時間と空間では、誰もがユニークです。」羅秋はゆっくりと言いました。「だから南京桑拿会所网、あなたは他の自分を見ることはないので、現在の時間と空間は安定します。これは非常に複雑なものです。動作理論、しかしそれは一種の安定性と考えることもできます。私たち一人一人がこの世界のギアです。これらのギアは停止し、老朽化し??ており、交換する必要があります。修理が必要なものはすべてこの中にあります。世界。それは決定の問題です。秩序が混沌としていなければ、世界全体の回転は時計のように正常になります。そして、このタイトな時計に、これまで存在しなかった余分な歯車がある場合、これを壊します。安定性。時計はどのようになると思いますか?」

「私は…あなたが何を話しているのかよくわかりません。」

「まだ見つけていません。自分で」羅秋はささやきました。「あなたの手。

「「手」チャオアンは無意識のうちに腕を上げた「私の手!」

この瞬間、手のひらが透明に加工されているかのように色あせてしまったのが

Related Post