ジチューブが挿入された血液バッグなど、たくさんのものがあります。

手紙も事前に開いてキルトに広げて、ちょっと手で手に入れることができます。

村上は歩いてベッドサイドの椅子に腰を下ろした。

「手術が終わったらすぐに来ないと思った」タン?ティエン?リサは少し眉をひそめた。

「わからないなら言わないで。読んでみます」

「うん、咳」この咳で天天リサは痛みの表情を見せた。

「水は飲めますか?」村上は尋ねた。

「飲める、痛い」

「飲南京桑拿夜网みたい?」村上優はまた尋ねた。

タンティアンリサはうなずいた。

村上は水ガラスを持ち上げ、今でも美しい黒髪に左手をそっと伸ばし、頭を少し持ち上げた。

水を飲む。

「不思議なことに、今飲むのは痛いけど、もう痛くない。ここにいるからなのか、どうして私に飲ませたの?」タン?ティエン?リサは微笑んで村上優を見ていた。

村上は首を横に振って手紙を手に取った。

「これを読むのをやめなさい。あなたのことを聞きたい。」

「私の仕事?」村上優は「今日はどうしたの?うなずいて頭を振るだけだ。」

田田理沙はうなずいてまた眉をひそめた。大丈夫。」「

朝映画吹き替え「火星救助」の呼びかけ。「

何を言ってるの?」「

火星に取り残された宇宙飛行士、物語を植えてジャ南京夜网论坛ガイモを生き残った。私もジャガイモを植えたが失敗した。私を変えたら生き残れないかもしれない。 「

他の方法はありますか?」

「トウモロコシを育てることができます。私はジャガイモよりもトウモロコシが好きです。」

「あなた」ファーム?リーシャは眉をひそめました。

「話をやめて、聞いてください」

「そうは思わない、トイレに行く」

村上優は、楽器の山を見て、「トイレに行く、うまくいかないようだ。あなたは?小便器を使うのか?」

『男性は小便器あり、女性は便器のです。』タンティエン理沙が言った厳粛に、非常に優村上ように彼女の口調。

「」ゆう村上が立ち上がった、「私はあなたのお母さんを呼ぶことにします。」を呼び出した後

、護衛の部屋からママティエンティエンを、彼は他の人の目は非常南京桑拿按摩に快適ではなかったことに気づいた。ゆう村上は、理沙タンティエンに言った

、「私は行きます今日戻って、明日戻ってきて

ください。あなた。」「離れないでください。」

タンティアンリサの口調は柔らかく、臆病でさえありました。

村上はしばらく黙っていた農夫のお母さんを見て、「村上、廊下でしばらく待ってください

Related Post