きないと信じていました。

ここでは、彼は直接助けを求めなかったようです。さりげなく言ったので、相手に気をつけてください。

アジクさんが将来助けてくれるかどうかに関係なく、先に間違いはありません!ある日があったとしても、突然は見えません!クラインはゆっくりとため息をつき、手紙を書き始めました。主な内容:

舞台裏の黒い手はそれ以上の行動をとっていません、そして私はまだ関連する手がかりを見つけていません。

私は主に「犠牲の儀式」についてあなたに尋ねるために急いであなたに連絡しました。最近のミッションで私は会いました

太陽の描写と同じようなことになると、アジク氏の答えを比較してもらうと、犠牲の儀式を試すことができるはずです。逆に、この儀南京桑拿会所网式は、自分自身を呼ぶ儀式よりも、物や物の交換に適しています。さて、アジク氏がこの知識を覚えていることを願っています。クラインは少しうなずき、ペンを置き、署名しませんでした。

銅の笛は1つしかなく、アジク氏が送信者を間違えないことを確信していました。

したがって、クラインは注意を払いました。名前を残さずに

入るレターペーパーを折った後、床の高さ約3メートルを見て、ベッドから真鍮の笛を拾うのをためらった。

クラインは心を強調し、右手を上げ、銅の笛を口に当て、頬を膨らませ、ため息をついた。

銅の笛は鳴らなかったが、クラインは鋭く感じた。周南京桑拿按摩囲が一瞬にして冷たく暗くなったとき、

彼は精神的なビジョンをオンにし、机の上にぼんやりと輝く白い骨の噴水が

どんどん高くなっていくのを見ました。これらの白い骨はすぐに幻想的で巨大なものに集まりました。怪物は、どこに到達したのかわからず、頭が霊の壁に突っ込んだ。

白い骨と太ももと体を見て、ぶら下がっている腕、開いた右手のひら、クラインの口がぴくぴく動く、折りたたまれたレターペーパーを見る投げると、

巨大な白い骨の手のひらが一掃し、手紙をしっかりと握りました。

この

瞬間、クラインはためらうことなく再び銅の笛を拾い、それを吹き南京桑拿夜网飛ばしました。モンスターは一瞬で崩壊し、骨に変わりました。彼は机に行き、幻想的に姿を消しました。

これをすべて行った後、クラインは精神的な壁を持ち上げ、突然の吹く風の中でコートラックに向かってよろめき、銅の笛を元の場所に戻しました。

それから急いでベッドに倒れ

、体がやわらかいベッドに触れるとすぐに全員が眠りに落ちました。

サイキック

Related Post